横断幕の周囲加工・ハトメ加工・風穴加工

横断幕をオーダーする場合にはどういった強度保持の加工があるかをチェックしましょう。

今回は【横断幕の周囲加工・ハトメ加工・風穴加工】についてお話します。

■周囲加工

★屋内用の横断幕で利用される加工でロープ折り込み縫製をします。

取り外したり移動したりも多いのが屋内用横断幕です。

周囲にロープを織り込んで縫製します。

これによって強度が増します。

長年の横断幕使用によっても破損することをできるだけ防止することができます。

縫製する場合は透明の糸を使用します。

これならば複雑な色合いのデザインであっても邪魔になりません。

★屋外用にはウェルダー加工をします。

高周波で熱圧着をします。

デザインをする面の仕上がりが美しいのが特徴です。

外部の刺激が多い屋外使用時でも溶着面から剥がれることもありません。

■ハトメ加工

★屋内・屋外共通で真鍮製のハトメを使用します。

アルミ製やプラスチック製のハトメは強度が弱いです。

真鍮製のハトメを採用することでメリットがあります。

真鍮がもっている殺菌作用があるのです。

腐食などの劣化を防止します。

設置時の引っ張りに耐える強度が期待できます。

★屋内用:ハトメを強度のある合皮レザーで補強する方法もあります。

ハトメ部分の裏側に厚さ1ミリ程度の合皮のレザーを縫い付けます。

こうしておくと横断幕を強くひっぱってもハトメ部分から裂ける心配が無くなります。

横断幕デザイン作成の激安専門店 【MAKUSHOP】で加工についてのページがありますが、そちらで画像も確認できますのでどんなものか気になる方は確認してみると良いでしょう。

■風穴加工

風が強い場所で横断幕を使用する場合や横断幕が大きい場合は風の通り道をつくる風穴仕様がいいでしょう。

数カ所に切り込みを入れるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いろいろ選べる横断幕簡単アドバイス Copyright (C) www.linxexplorer.com. All Rights Reserved.