弁護士の転職理由としてよく見られるものを紹介

弁護士の転職理由としてよく見られるものを紹介

今さら聞けない弁護士が転職する際のポイントまとめメイン

弁護士によって転職理由はさまざまです。ポジティブな転職理由、ネガティブな転職理由について解説していきます。

弁護士の転職理由としてよく見られるものを紹介

一人ひとりの弁護士によって転職理由は異なります。

以下のようにポジティブな転職理由もあれば、ネガティブな転職理由もあります。

■弁護士のポジティブな転職理由■

前向きに転職したいという弁護士の方によく見られるのが、以下の転職理由です。

・年収をアップさせたい

・専門的な業務を担当したい

・業務の幅を広げたいなど

未経験だと採用されない、採用されても給与が下がる場合があります。

年収をアップさせたいときは、経験を生かせる職場への転職が望ましいです。

業務の幅を広げたいときに魅力なのが、インハウスロイヤー(企業内弁護士)への転職です。

専門的な業務を担当したい方は、インハウスよりも法律事務所への転職のほうが適しています。

■弁護士のネガティブな転職理由■

弁護士の後ろ向きな転職理由としてよく見られるのは以下のとおりです。

・人間関係を清算したい

・現在働いている職場の将来性が不安

・仕事量が多すぎる

・忙しすぎるなど

面接の際に転職理由を聞かれることがあります。

ネガティブな転職理由をそのまま伝えると、面接が不利になりかねません。

ネガティブな転職理由からポジティブな転職理由に変えて面接官に伝えると良いです。

たとえば、人間関係を清算したい転職理由の場合、自分にあった環境の職場に転職したいと変える方法です。

どんな転職理由を考えれば良いのか分からないときは、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談してみてください。

一人だけだとネガティブな考えになりやすいです。

しかし、キャリアアドバイザーに相談することで、ネガティブからポジティブへ切り替えやすいことがあります。

※おすすめ記事※弁護士1年目で「年収1000万orワープア」を分ける3つの要素 | 弁護士業界 疲弊の真相 | ダイヤモンド・オンライン

PickUp Entry

弁護士の転職活動は働きながら?辞めてから?

弁護士の転職活動は働きながら進める、辞めてから進めるといった方法があります。メリット・デメリットがあるため、事前に知っておきたいところです。

弁護士の転職理由としてよく見られるものを紹介

弁護士によって転職理由はさまざまです。ポジティブな転職理由、ネガティブな転職理由について解説していきます。

Copyright www.linxexplorer.com. All Rights Reserved.