常設する横断幕に向いている塩ビ素材生地

横断幕はいろいろな用途に使われます。

例えば常設に使う横断幕があります。

今回は【常設する横断幕に向いている塩ビ素材生地】をご紹介しています。

フェンスに常設したいり、取り外す機会が少ない用途に向いています。

昼夜を問わず屋外に掲載する場合や半日以上屋外で使用するような用途にも向いています。

生地名はターポリンとメッシュターポリンです。

■ターポリン

屋外テントにも使用される野外用塩ビ生地です。

耐久年数は3年から5年です。

ポリエステルの糸を網目に織り込んでい増す。

厚みがあってしっかりとした素材です。

直射日光を受けてもしっかりとして丈夫で長持ちする特徴があります。

色褪せもしにくいです。

水分も弾いてくれます。

屋外に常設するならば、このターポリン素材が最適でしょう。

横断幕では一般的な布系素材のトロマットなどと比べると光を通し憎いです。

だから文字も見やすくなります。

店舗のメニューなどを表示する看板としても利用できるでしょう。

■メッシュターポリン

こちらは風の強い場所へ横断幕を設置する場合に最適な生地です。

軽量で耐久性も抜群なのがメッシュターポリンです。

通常のターポリンよりも軽いです。

風が強い地域ならばこちらの生地のほうがいいでしょう。

■いかがでしたでしょうか?

持ち運びをする場合は印刷面を内側にして筒状に丸めて運ぶといいでしょう。

折りたたんでしまうとインク剥がれの原因になります。

だから常設する横断幕に向いているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いろいろ選べる横断幕簡単アドバイス Copyright (C) www.linxexplorer.com. All Rights Reserved.